イケハヤ氏のブログは参考にならない|読まれる理由って何だろう

イケハヤ氏のブログが異質すぎる

このブログでもたびたび登場する「イケハヤ氏」。自他共に認めるカリスマブロガーです。

(参考:「イケハヤ」って何者?時代の波に全力で乗るサーファーだよ。

 

彼のブログを一度でも見た人は分かるはず。とにかく独特。何もかもが独特なのです。

アンチを生む、炎上作戦も独特ですが、1番独特なのは彼のブログタイプでしょう。

 

私は人気ブロガーってどのようなブログを書くのか、どんなブログデザインをしているのかを調べるために色々なブログを見てきました。

その中でも異質だったのがイケハヤ氏のブログだったのです。

他のカリスマブロガーと真逆を行くイケハヤ氏のブログタイプについてお話しします。

読者に優しくないデザイン

まず一度、イケハヤ氏のブログを見に行きましょう。ほかのブロガーのブログを見ていたら気づくはず。あれ?おかしいな、と。

 

あまりにもシンプルすぎるブログデザイン。これってライブドアブログのデフォルトデザインじゃね?というレベルのシンプルさ。

他の人気ブロガーさんは非常に凝ったデザインをしているのに対して、明らかに異質なのです。

 

そしてユーザーのことを考えていないようなデザイン。

イケハヤ氏のブログは過去記事を見るのに非常に向いていない。検索機能や、タグ、カテゴリーと言ったものもありません。おったまげました。

 

ブロガーは基本的に読者至上主義ですからね。読者が読みやすいように、使いやすいようにブログを構成していくのが定石です。

それに対してイケハヤ氏は、「俺のブログは見たい人が見てねー。」みたいなスタイルでしょうか。流石っす…。

 

ツイッターをフル活用した記事作り

イケハヤ氏のブログはツイッターを本当にうまく利用しています。

記事の中にはツイートを6個くらい、ドン!ドン!ドン!と貼り付けて記事終わり!みたいなものもありますからね。

ツイッターがメインなのかと疑問になるほどです。

まあ、彼をフォローしている人は分かると思いますが圧倒的なツイート回数。毎日毎日よくぞここまで、つぶやくことがあるなぁと感心するほどのツイート頻度です。

 

イケハヤ氏にとってはブログもツイッターもどうでもよいのかもしれませんね。都合が良いサービスだから使っているという感じなのでしょうか。

 

グーグルに媚びない姿勢

ブログのコツとして、文字数がよく挙げられます。

一記事、1000文字以上は書こうね!本当は2000文字以上は書かなきゃダメだよ!と文字数討論が行われています。

それもそのはず、SEO対策には文字数が関係していますから。

グーグルは文字数が多い記事を評価しやすいという特徴があるのです。そのため、ブロガーは1文字でも多く書く努力をしているわけなのです。

 

それに比べてイケハヤ氏は異質。

500文字であろうと、300文字であろうと投稿します。SEO対策なんてガン無視を決め込んでいるのです。ははは、すげーな。

 

なぜイケハヤ氏のブログは読まれるのか

これらの理由からイケハヤ氏のブログタイプはあまりにも異質であることが分かります。

読者に優しくなく、グーグルにも媚びない姿勢。

普通の人が彼のようなブログを書くと、絶対に伸びません。成功するはずがない。

 

しかし、イケハヤ氏は事実として日本のトップクラスブロガー。彼が読まれる理由は何なのでしょうか。

考えられるのは3つ。

  • ベストタイミングでインフルエンサーになった
  • 圧倒的な先見の明
  • 正気じゃない更新頻度

 

ベストタイミングでインフルエンサーになった。

ネットの世界は先攻利益という言葉がよく似合います。とにかく早く始めること。これによって大きなメリットがあるのです。

ライバルが少ないうちから始めることでファン獲得が容易ですし、発言力も高まります。イケハヤ氏はかなり古参なブロガーの一人。

 

いまさら読者に冷たがろうが、SEO対策をガン無視決め込もうが、「イケハヤ」というインフルエンサーができてしまった今、関係ないのです。

 

圧倒的な先見の明

前にイケハヤ氏についての記事を作った時にも書きましたが、彼の先見の明たるは目を見張るものがあります。常に時代の最先端をサキドリ。SNSであったり、仮想通貨であったり。

先ほどの先攻利益の考え方にも被りますが、常に最先端を追い続けることが彼をより読まれるブロガーにするのでしょうね。

 

正気じゃない更新頻度

彼の更新頻度は、正直狂っています。

一日に5記事投稿とか当たり前ですからね。正気の沙汰ではありません。

 

いくら1記事が500文字だったとしても、500文字×5記事で2500文字ですからね。最低でも一日に2500文字の投稿。さらにツイッターもあります。(最近ではnoteというサービスの利用も始めましたし…。)

彼の執筆量はやはり日本でもトップ中のトップでしょうね。

 

少し前かな、イケハヤ氏のツイート?で「僕よりもリスクをとって、さらに行動をしている人はほとんどいない」的な発言をしていました。

その通りですよ。一日にあなたほど情報収集をして、情報発信している人なんて、ほぼいないでしょう。

逆にこれくらいの覚悟がないと成功は出来ないんでしょうね。

イケハヤ氏のブログは参考にならん。

以上、私が考えるイケハヤ氏のブログの異質さでした。

彼はブログを異質にしてやろう!という思いは全くないのだと思います。ただ、自分が最も行動するために行き着いたのが他のブロガーとは違う異質なブログタイプなのだと思います。

 

そのため、彼のブログスタイルは正直参考にならないかな…。

ただ、ブログに対する熱意と、行動力は見習わなくてはなりませんね。天才のイケハヤ氏でも努力しているんですから、私はもっと努力しなくては追いつけませんから…。