「お金持ちが肝に銘じている ちょっとした習慣」 自分に足りないモノは何なのか。

大真面目にお金持ちになりたい

「お金持ちが肝に銘じている ちょっとした習慣」という本を読みました。

 

お金持ちの共通点をまとめたような本ですね。

なぜこんな本を読んだかって?そりゃあ、お金持ちになりたいからでしょう(真顔)。

 

別に財布にどっさりと金を入れて成金になりたいわけではありません。

お金は自分への評価。自分の能力と比例して収入につながるわけですから、お金持ちになりたいのです。

まあ、つまりは他人に認めてもらいたいということですね。

文章にすると子供っぽい性格だな、私って。

 

お金持ちの共通点ってなんだ

この本で一番伝えたいことは「お金持ちは日常生活に共通点があるから、お金持ちが避けていること、やっていないことは止めようね!」ということなのだと思います。

 

もちろん、お金持ちの行動をコピーしたところでお金持ちにはなれません。

ただ、お金持ちが気を付けていることを学ぶのは良いことでしょう。

 

財布が綺麗、だとか、マナーを守るなどの自己啓発系のことも書いてあります。

ただ、お金持ちがどのようにお金に向き合ってて生活しているかということをメインに書いていたので少し新鮮でした。

 

お金持ちと自分を比べたときに、自分には何が足りないのか、改めて考えることができる本ですね。

 

恥ずかしがらずにお金の勉強しよう

個人的に一番印象に残ったのは、お金持ちは「お金についてのリテラシーが高い」ということ。

お金持ちはお金についての勉強をして正しい知識をつけているようなのです。

 

それに比べて、お金が欲しい欲しいといっている人たちはお金の勉強をしない傾向にあるそう。

 

あなたはフィンテック、仮想通貨をきちんと理解していますか?説明できますか?

私はドキッとしました。

全然理解できていないな、と。

 

これを機にお金についての勉強をしたいと思います。

そう思うことができただけで非常に収穫の多い本でした。

 

[amazonjs asin=”4309248276″ locale=”JP” title=”お金持ちが肝に銘じているちょっとした習慣”]