仮想通貨がもたらすものは何だ?大切なのはお金ではなくなるのか?「お金2.0」読んだ

仮想通貨?ブロックチェーン?全く分からないアホが勉強してみる。

お金というものを知りたいという漠然とした思いで読みました。

特に、お金の現状を知りたかったのです。

「お金持ちが肝に銘じている」という本を読んで、私にはお金の知識がないことを深く認識しました。

 

仮想通貨?ブロックチェーン?全く訳が分かりません。

これからお金はどうなっていくの?

そんな疑問を解決すべく読んでみました。

今回はその本の内容を自分なりに簡単にまとめてみようと思います。

 

仮想通貨は「お金」価値をなくす。

一番大切なのが、現在進行形で「お金」のあり方が大きく変化しているということ。

筆者の予想がお金に価値はなくなる、です。

 

仮想通貨で何が変わるのか。

お金とは以前までは国が配備するものでした。

国が用意するお金は基本的に国を中心として機能します。

つまり、経済は国を中心として回るということになるのです。

 

しかし、仮想通貨が生まれたことにより、その基本が崩壊します。

独自の仮想通貨を作ることにより企業、グループ、はたまた個人レベルでお金(経済圏)を作ることができるようになりました。

ちなみにエンジニアがこれから仮想通貨を簡略化、システム化することで、誰でも簡単に仮想通貨を作ることができるようになるみたいです。

 

個人個人がお金を作ることができる世界、お金は作ろうと思えば自分で作れる時代になってしまいました。

そうなるとお金なんてものに価値はなくなります。誰でも作れますから。

 

資本<価値の時代に突入

お金よりも「価値」が重視されるようになります。

筆者はこのことを「資本主義」→「価値主義」と説明していました。わかりやすいたとえだと思います。

 

 

さて、価値とはどのように決まっていくのか、わかりやすいのは「人が本当に必要とする」ものが価値が高いという考え。

ネットが普及した今、人の役に立っているか、本当に便利なサービス(モノ)なのかは一瞬で分かる時代です。

粗悪なモノ、実際は役に立たないモノは口コミで叩かれて淘汰される現代ですから。

 

 

逆に、「人が本当に必要とする」モノを生み出すことができれば多くの人の共感を得て、大きく成長することができるでしょう。

それを繰り返すことで、個人、企業が国家並みの価値を持つことになるわけです。

今ですら、グーグル、アマゾンなどの大企業は小国を上回る資金を持っていますからあり得ない話ではないですね。

 

働かなくても生きていける。そんな時代が訪れるかも

すると、企業はさらに価値を高めるためにどのような取り組みをするのか、人が生きていくためのインフラ、住居を提供するようになるというのが筆者の意見でした。

本当にそうなると、お金は必要なくなりますね。働かなくても生きていける時代突入です。

 

 

働かなくても生きていける時代。

本当にそんな時代になるのかどうかは不明です。

人は欲深い生き物、最低限のインフラで満足できる人などいないのでは?そんな風に私は考えていますが、その考え方自体が古いのかもしれません。

実際に私もミニマリストに興味をもって一つの目標として生活しているわけですし。

ミニマリストなんてものは30年前にはただの変態だったでしょう。

そんなことを考えると人の考え方も時代とともに変化しているのでしょう。

 

もしかしたら、数十年後には生きるため、金を稼ぐために働くという選択肢はなくなっているのかもしれませんね。

 

 

ざっくりとまとめてみました。

これを機に仮想通貨のもう少し踏み込んだ内容を勉強してみようかな。

 

[amazonjs asin=”4344032152″ locale=”JP” title=”お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)”]