歯は絶対に削るな!「100年歯を失わない生き方」で日本の遅れた歯科知識から抜け出せ!

日頃の当たり前の質を上げよう!と言うことで、今回は歯について勉強することに。

歯磨きは日常的に行う大切な行動。

ただ、日本の歯科医療は欧米諸国に比べて20年遅れている、というのを聞いたことがあります。

自分の大切な歯を守るために勉強をすることにしました。

「100年歯を失わない生き方」読んでみた

今回、歯を勉強する上で最初に手に取ったのが「100年歯を失わない生き方」と言う本。

created by Rinker
¥1,430 (2019/12/06 11:27:01時点 Amazon調べ-詳細)

20数年間、当たり前だと思っていた歯の知識が微塵の役にも立たないことを教えてくれた本でもありました。

自然治癒力で虫歯を治す、予防する

基本的に、この本では虫歯は「人間の本来持っている自然治癒力」で治そうというのが趣旨です。

いかに自然治癒力を上げるかが課題になりますね。多く言及されていたのが「食生活」。

とりわけ「砂糖」を取らないことが最も重要だそうです。

 

他にも自然治癒力を低下させる原因が

  • 砂糖
  • 精製された炭水化物
  • 酸化した油、人口油脂
  • 合成化学物質
  • 薬剤
  • 電磁波
  • 運動不足
  • 過度の減菌、滅菌

逆に自然治癒力を取り戻す方法が

  • コールドプレスされた油
  • 緑の葉野菜(特にパセリ、コリアンダー、ディル)
  • 玉ねぎ、にんにく
  • 発酵食品、プロバイオティクスのサプリ
  • 全身の筋肉を使った運動
  • 日光を浴びる
  • 瞑想
  • 犬、猫とのふれあい

が挙げられていました。

 

以前に紹介した「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」で健康に良いとされていた食べ物が軒並み自然治癒力を上げる食べ物に。

健康に悪いとされていた食べ物が自然治癒力を下げる原因になっています。

ここで知識が繋がるとは……。

(参照:「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」で食品の正しい知識を手に入れる

自然治癒力を計測する方法

自分の自然治癒力は「唾液のPH」で計測ができるそう。

食間に唾液のPHを計測し、7.3以上であれば自然治癒力が高い状態であるらしいです。

 

つまりは体がアルカリ性に傾いている状態が良い、というわけ。

これは非常に興味深いので近々、検査用キットのようなもので計測してみたいと思います。

IDAODAN ph計 デジタルpHメーター ATC自動温度補正付き  熱帯魚飼育 水槽 水耕栽培などの水質測定用 高精度 校正剤付き
IDAODAN

歯を削らずに虫歯を治す方法がある!

歯は削れば削るほど脆くなり、一度削ってしまえば「抜歯をする」未来が近くなるそう。

しかし、日本の歯医者は虫歯はとりあえず削ってしまいます。

これには「日本歯科の闇」が関わってきます。こちらは深く書かないので、興味がある方は本をご覧ください。

患者を本当に思っている歯科医は少ないのかもしれません。

created by Rinker
¥1,430 (2019/12/06 11:27:01時点 Amazon調べ-詳細)

歯を削らないで虫歯を治す「ドックベスト」

ともかく、歯を長生きさせるためには如何に削らないで虫歯を治すかが重要なわけです。

そこでオススメされていたのが「ドックベスト療法」

 

虫歯にドックベストセメントを詰め込み、患部を殺菌しながら再石灰化させる治療です。

人間本来の自然治癒力に頼った治療法ですね。

私も万一、虫歯になったらドックベストも考慮したいと思います。

親知らずは抜くな!?

私は最近、親知らずが上下左右全てあることが発覚しました。

下の親知らずに至っては「真横向き」に生えてしまっているみたいですね。

真横の親知らずなんて絶対に抜かなくてはいけない気もしますが、本では親知らずは抜くな!と書かれていました。

 

抜歯してしまうと歯茎部分に細菌の温床にもなる「ボーンキャビテーション」というものが発生してしまう可能性があるそうです。

ボーンキャビテーションは万病の元。作らないに越したことはありません。

 

ただ、親知らずが生えてきたら痛む可能性は十分にあります。

そんな時の具体的な対処法は書かれていなかったので、親知らずに関してはもう少し勉強したいですね。

歯周病、口臭の原因は炭水化物

歯周病や口臭の原因は「炭水化物の取りすぎ」です。

確かにこのご時世、炭水化物の取りすぎが囁かれています。

まさか食べ過ぎることが口臭を引き起こしていたとは……。

 

口臭対策の一番が、ニオイの元となる細菌のエサとなる炭水化物を取らないこと。

もちろん、全く食べないわけにはいかないので、量を減らす必要がありそうです。

歯磨き粉は不要!

口内は非常に吸収率が高いので、有害な歯磨き粉は絶対にNG!

どうしても使いたい場合は天然素材のものを使った方が良い。

本でオススメされていたのが「活性炭」。

炭ダイエット サプリ KUROSLIM チャコール サプリメント 6種の純炭 60粒30日分
幸せラボ

活性炭のサプリメントの中身を歯ブラシにつけて磨くのが効果的みたいですね。(体にも優しいですし!)

マウスウォッシュも使うな!

マウスウォッシュは強力な殺菌効果があり、口内の常在菌を殺し免疫力低下になる恐れがあります。

と言っても、私はマウスウォッシュが大好き。マウスウォッシュで食べた後のスッキリ感を得たいものです。

そこでオススメされていたのが「ポイックウォーター」というマウスウォッシュ。

人間に有害なものは全く含まれておらず、常在菌を殺す心配もないのだとか。

これも近々購入を検討しています。

今までの歯の知識をひっくり返す1冊

とにかく、いろんな新しい知識が詰まった1冊でした。

今だに混乱していることも多いです。(親知らずは抜くな!とかね)

ただし、日本の歯科医療が欧米諸国より遅れいるのは事実。

私ももう少し本などで勉強して、自分の大切な歯を守っていきたいと思いました。

 

情報量がとにかく多い本でしたので、是非とも一度読んでみてほしいですね。

created by Rinker
¥1,430 (2019/12/06 11:27:01時点 Amazon調べ-詳細)