クラファンスキルを磨いて信用を勝ち取れ!「10年後の仕事図鑑」の書評レビュー

読もう読もうと思っていて、今だに読むことができていなかった「10年後の仕事図鑑」。

やっと読むことができたので、一人の就活生として、ブロガーとして感想をば。

10年後の仕事図鑑の内容

10年後の仕事図鑑は、落合陽一さんと堀江貴文さんの二人による将来予想の本です。

created by Rinker
¥1,540 (2019/12/07 08:21:06時点 Amazon調べ-詳細)

インターネット、AI、仮想通貨…。目まぐるしく変わる世界において「仕事」に焦点をおいて対談した本。

多彩な顔を持ち、先見の明がある二人の対談は非常に興味の惹かれるものがあります。

 

テクノロジーの進化による恩恵

読んでみて感じたのは、二人は意外と将来に対してポジティブであるということ。

10年後になくなる仕事よりも、10年後に生まれてるる仕事に興味を持っているようでした。

 

10年後に生まれてくる仕事とは、人間の本来の能力を活かせる仕事です。

それは人間が今後どうしていくか?を考えていくことです。

 

AIは人間より優秀な面があります。ただ、新たな道を模索し、開拓していくことは人間にしかできません。それこそが、人間が本来すべき仕事というわけ。

AIの発達により、人間はその仕事に全力で取り組めるという話。

 

話は全体的にポジティブ、だけど…。

二人の予想する未来は意外とポジティブなものでした。

しかし、それはワールドワイドの話。

というのも、「日本」という視点ではネガティブな意見が多かったのです。

これは、ひろゆき氏の「このままだと日本に未来はないよね。」に通じるものがありました。

created by Rinker
¥1,430 (2019/12/07 08:21:07時点 Amazon調べ-詳細)

AIの進化によって、人間は恩恵を得られるはずです。ただ、日本ではその恩恵よりもデメリットの方が大きいような気がしました。

 

というか、お二人は何故、日本にいるんでしょうかね。彼らが日本にいるメリットを調べてみるのも面白いかもしれません。

お金よりも信用を追う

さて、ここからは「10年後の仕事図鑑」から私が学んだことを掘り下げていきたいと思います。

一番は「お金の時代」から「信用の時代」になる。ということでしょう。

とりあえず、お金を持っていれば安心、という時代は怪しくなってきました。

それよりも大切なのは「信用」であると二人は言っています。

クラファンのスキルと信用

一つやらなくてはならないと思ったのは「クラウドファンディング」です。

 

私には一つの夢があります。

それは「しょぼい起業」を元にした店を持つこと。

created by Rinker
¥1,430 (2019/12/07 08:21:08時点 Amazon調べ-詳細)

店と家を一体化させ生活コストを下げつつ、店の収益とブログの収益のダブルパンチを狙っていく作戦ですね。

 

しょぼい起業では、元手金はほとんど必要ありません。

それこそ100万円あれば十分に店を作ることができるでしょう。

クラウドファンディングをで資金を集めることができれば、元手金を0円にまで抑えることだってできるでしょう。

 

さて、ここで信用の話に戻ります。

信用を作っていくためには、やはり「行動する」ことが一番の近道だと思います。

口だけで、何もしない。よりは、

とりあえず荒削りでも行動することに価値があり、信用は貯まっていくからです。

 

しかも、これからの時代、クラウドファンディングを上手く活用していくことは重要なスキルになります。

クラウドファンディングのスキルを磨き、信用も勝ち取れる。挑戦しない理由はありません。

クラファン関係の本も読み込んで実践していく必要がありますね。

とりあえずクラファンの勉強をしましょう

以上、「10年後の仕事図鑑」で学んだことでした。

この手の本を読むと、本当に就活のやる気がなくなりますね(笑)

本当に就活なんかしていて良いのだろうか?なんて疑問も湧いてきます。

 

とりあえずクラファン。一つ一つやれることをやっていきましょう。

大学生活も残り1年。それまでに自分の道で食っていける環境を整えていきたいですね。

created by Rinker
¥1,540 (2019/12/07 08:21:06時点 Amazon調べ-詳細)