流行りのビジネス書は読むだけ無駄??「本は10冊同時に読め!」を読んでみた

最近よく本を読むようにしていますが、本の読み語ってよく分からなかったのです。

そん中で気になる本を発見。

「本は10冊同時に読め!」

元日本マイクロソフト社長であり、異常な読書家で知られる「成毛眞氏」による読書法について書かれた本です。

個人的に好きだったのでまとめます。

本を読むことが唯一の逆転法?

世の中には成功する法則のようなものがたくさん提唱されていますが、成毛氏によると「読書」が成功する唯一の方法であると言います。

彼自身、狂っているほどの読書家なので、読書に対するバイアスがかかっていると思われます。

読書をしない奴は猿と言うほどですからね。ただ、実践しているからこその説得力がありました。

 

そして、成毛氏によると「超並列読書術」がおすすめであると。

10冊近くの本を平行して読むことです。

メリットとしては1冊1冊にかけられる時間が少ないので集中できる、読書に飽きないなどのめりっとがあります。

幅広い知識を身につけることができるので、仕事をする上でのクリエイティビティも鍛えられるみたいです。

流行りのビジネス書は読むな!?

著者の言葉で非常に記憶に残っているのは「流行りのビジネス書を読んでいる限り、庶民から抜け出せないよね」という言葉。

流行りのビジネス書ということはみんな読んでいるので差がつきにくい。さらに、最近の本は質が下がっているから、読む価値のある本が少ないからだそうです。

いたたた、これはグサリと私に刺さりました。

流行りのビジネス書を読むくらいなら、ビジネスの根幹を学べる歴史書などを読め!とのことでした。

ホリエモンも「多動力」にて同じようなことを言っていたような気がします。

created by Rinker
¥550 (2019/11/14 22:22:49時点 Amazon調べ-詳細)

積極的に読みたい良書を列挙

実際に著者が読んで為になったと思った本を厳選して紹介してくれているのもこの本の良いところ。

私が読みたい、と思った本を列挙しておきます。

  • ロンドンエコノミスト
  • 失敗の本質
  • モーセと一神教
  • ノアの洪水(ライアン・ピットマン)
  • 鷲は舞い降りた
  • 深夜プラス1

ここら辺は時間を見つけて是非とも読みたい。読んだらまたブログにまとめます。

 

私の読書感を少し変えてくれた本。読んで良かったです。