お金の不安からの解放宣言だ!あなたは笑顔で納税できますか?【なるべく働きたくない人のためのお金の話】

【年収90万円で東京ハッピーライフ】という本に感銘を受けた私。

created by Rinker
¥1,540 (2019/11/15 17:09:08時点 Amazon調べ-詳細)

筆者は「お金」に特化した本も書いていました。

「なるべく働きたくない人のお金の話」

created by Rinker
¥1,540 (2019/11/15 17:09:09時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルからして自分にぴったりなんですが…。

 

この本では生活費、税金の話から始まり、お金とどう向き合っていくかという心構えまでが記されています。

やはり年収90万円で生活していくとなると、生活の随所に工夫があります。

そんな工夫や、心構えで私が心に残ったいくつかを記しておきます。

お金の不安からの解放

私も含めてお金に対する不安というのはみんな持っているものではないでしょうか?

お金がないと不安。稼いでいないと不安。貯金がいくらあっても不安。

不思議です。筆者よりもたくさん稼いでいる人のほうがお金に対する不安が大きかったりします。

不安の原因は「不透明さ」

筆者はお金に対する不安は支出が不透明だからと言います。

月にお金がいくら入ってきて、いくら出ていくのか。そして出て行ったお金の内訳。

それらが不透明だからお金に対する不安が出来てしまうのだと。

 

自分にとって本当に必要なお金の量が分からないと、いくら貯金があっても不安が生まれてしまうのです。

支出をルーティン化する

有効な方法としては、お金の使い道を一つのルーティンいしてしまうという方法があります。

例えば食事。

毎日好きなものを食べるのではなく、ある程度決まったルーティンにしてみる。

これだけで月の食費はかなり固定化されます。

他にも、生活の不確定な出費をルーティンにしておくと、月にかかるお金が安定します。

生活コストを下げる

他にも生活コストを下げて、自分に本当に必要なお金の量を計算するという方法があります。

家賃を下げる、格安ケータイにする、自炊をメインにする。

こう言った取り組みにより、生活コストを下げましょう。

 

すると、意外とお金が無くても大丈夫、ということがわかると思います。

私自身、家賃を減らすことを考えると月に8万円あれば自分のやりたいことをしながら生活できることに気づきました。

生活費6ヶ月分の貯金

万一、事故にあって働けなくなったら?突然首になったら?

こういった不安もあると思います。

あくまで「万一のこと」ですから深く考えてもしょうがないのですが、最低限の安心は必要です。

 

例えば、突然、働き先がつぶれたことを考えましょう。

新しく働くにしろ、働き先を探すのに3ヶ月、実際に十分な給料が支払われるまで2ヶ月、と見積もったとすると5ヶ月分の貯金があれば何とかなることが分かります。

まぁ、余裕を持たせるとしたら半年分の生活費の貯金があればOKです。

私の場合は月に8万円あれば問題ないことがわかったので8万円×6ヶ月=48万円。

約50万円の貯金があれば、問題ナッシング。

病気は考えるだけ無駄

では大きな病気になったら?

確かに問題ですが、日本は医療と福祉に特化した国です。

死ぬことはありません。国民健康保険や高額療養費制度があります。

これらで対応できないような大きな病気になってしまったら、個人の貯金でどうこうできるレベルではなくなってきます。その時は諦めることにします。

 

病気になったら…。よりも病気にならないような生活習慣を心がける方が有用でしょう。

年収90万円でも募金をする

筆者は年収が90万円という低所得でありながら、募金やプレゼントをやたらとするようです。

そして、税金も払えるなら積極的に払う姿勢を見せています。

 

私も含めた、年収90万以上の皆さん。募金したことありますか?税金を笑顔で払えますか?

私はNOです。

 

これは、「筆者の働き方」と「我々の働き方」の違いです。

筆者は自分の「やりたくないこと」を出来るだけ避けて生活しています。

結果として週5休という生活になっているわけです。

 

一方で我々はお金を稼ぐために「やりたくない仕事」をしているわけですね。

わざわざやりたくもない仕事をしているからには「びた一文」でも募金や税金などに使いたくありません。

だって苦労して手に入れたお金ですもん。自分のために使いたくなります。

 

しかし、筆者は「やりたくないこと」を避けているので、お金は全部自分のもの!という認識が少ないのだと思います。

そのため、人のためにもお金を使おう、という気持ちが芽生えるのだと思います。

私も、やりたくないことを避けているとそんな考えになれるのかな?

 

仮想通貨は海外生活で便利?

仮想通貨と言ったら、今では一つの投資先として確固たる地位を持っています。

しかし、仮想通貨が生まれた理由というのは、もともとは国間でのお金のやり取りをスムーズにしたかったからなんですね。

 

筆者は現在、台湾で生活していると言います。

どうやら台湾でトラベルライターとして記事を書きながら隠居しているみたい…。(あいかわらず自由気ままですね)

外国にいき、口座を持つというのは結構困難らしいのです。

そう言ったときに役に立つ可能性があるのが仮想通貨だと言います。

 

ただ、今は仮想通貨は一つの投資先となり、値段の振れ幅が大きいので微妙に使いづらいそうな。まだ対応店が少ないのも難点です。

私は仮想通貨は投資先、ギャンブル、としか見ていませんでした。

こういった使い方があることを再発見できてよかったです。

まとめ「なるべく働きたくない人のためのお金の話」

以上、「なるべく働きたくない人のためのお金の話」でした。

私もなるべく働きたくありません。そんな怠惰な私からすれば非常に参考になる本でした。

他にも稼がないことのメリット等も参考になります。相変わらず良い本でした。

created by Rinker
¥1,540 (2019/11/15 17:09:09時点 Amazon調べ-詳細)