根性論と社畜に興味があるなら読めば?「年収1億円になる人の習慣」を読んだので書評レビュー

1億円。

夢のような大金です。とっとと1億円稼いで株に回してセミリタイア人生を送りたい私にとっては喉から手が出るほど欲しいお金なのです。

 

習慣。

私は物事を成功させるためには「習慣」が何よりも大切なものだと思っています。

モチベーションで物事を進めても限界があります。

それならば「習慣」にしてしまえば良いという理論。

 

そんな1億円×習慣。

私にとって非常に大切なワード二つが合わさった本を発見。

「年収一億円になる人の習慣」という本。

created by Rinker
¥1,650 (2019/12/06 09:46:53時点 Amazon調べ-詳細)

なんというか、ありがちな自己啓発系な本の予感がしますが読んでみました。

 

「年収1億円になる人の習慣」の内容

この本は、アースホールディングス取締役である筆者が年収1億円になるためにやってきた「心構え」「習慣」をテーマにした本です。

そして、今まで筆者があってきた社長たちから学んだことを書き記した本でもあります。

 

そして、この副業時代には珍しく、会社にひたすら貢献することこそが「年収1億円」を達成する肝である、としています。

むむむ、雲行きが怪しい。

筆者の能力高くね?

まずは筆者は「能力の差は小さい」と記しています。

しかしね、私が思うに筆者の能力は非常に高いと思いますよ。

 

筆者の会社に勤めてからの異常なまでの熱意、行動力。

これを持ってして「能力の差は小さい」と言われてもねぇ……。

 

シンプルな36の習慣?

ぶっちゃけ36って多くないですか?

そして、筆者が一番言いたいことは「自分よりランク(年収)が上の人の言うことは絶対従え!」ということ。

彼自身、数多くの社長と出会い、学んできたことでしょう。

そして、それらを素直に愚直にやり続けた結果が年収1億円だったわけです。

 

いろんな人との話の影響を受けているせいか、本は終始まとまりがありません。

ゴールも見えず、矛盾していることもちらほら。

その上、36つという数の多い習慣。正直、やる気になれません。

 

根性論が強い内容

この本は今時珍しい「根性論」みたいなものが熱く語られています。

私も根性論を否定するわけではありません。

人より稼ぎたいというのは「熱意」が大切であり、それなりの根性がないと達成できないことだと思うからです。

 

しかし、筆者の場合は根性論が強すぎる。

筆者は15年間1日も休むことなく、仕事をしていたそうです。

それで成功できたのは、彼の能力が高かったから、人間関係に恵まれたから、会社に恵まれたから、という運の要素が強いと思います。

 

実際に100人が筆者と同じ働き方をしたとして全員が年収1億円を達成できるのでしょうか。

私はそうは思いません。

9割の人は途中で精神を病んでしまったりすることでしょう。(実際にツイッターなどではそう言う人をよく見かけますよね…)

人間全員が筆者のようなメンタルを持っているわけではないのです。

早起きだけは誰にでもチャンスがある

さて、批判が多くなりましたが、少なからず学んだこともあります。

個人的には早起きについてです。

 

早起きの有用性は誰もが知っています。

しかし、実践できている人は少ないことでしょう。私自身、今日は早起きしようと思っていたのに7時に起きました。

 

人よりお金を稼ぐ、と言うのは人より何かを工夫しなくてはなりません。

その中の一つが「早起き」だと思います。

本の中では「仕事の能力に差があっても、早起きだけは意識次第で誰にでも勝てる」と言っていました。

その通り。

人より稼ぎたいなら「起床時間」だけでも勝ちましょう。その先に何か見えてくるかもしれません。

 

ただ、筆者のような「根性で起きろ!」と言うのはあまりにも酷なもの。

しっかりと科学的に良いとされる早起き法を勉強しなくてはなりませんね。

早起きだけを学んだ本「年収1億円になる人の習慣」

以上、私が「年収1億円になる人の習慣」を読んだ感想でした。

  • 根性論
  • 会社勤に必死になれ
  • 筆者の能力が異常に高い

と、このご時世に珍しいタイプの本でした。全てを真似していると、おそらく私は潰れますのでやりません。

ただ、早起き。それだけはやっていきたいですね。

created by Rinker
¥1,650 (2019/12/06 09:46:53時点 Amazon調べ-詳細)