一つでも共感できるものがあったら儲けもの!「ライフハック大全」

小技、裏技大好き人間

私は裏技とか、コツとか大好きです。

日常生活を楽なものにしてくれるものなら大好きなわけでライフハックももちろん大好き。

 

ゲームとかでも好きだったのですよ、小技、裏技。

 

 

そんな私の好きなライフハックが250個も載っている本、それがライフハック大全。

 

中身はある程度予想できますね。

ですが買ってみました。気になっちゃって・・・。

 

1500円でライフハックの知識を買う。安いのか?

まあ、内容は思った通りの内容と言いますか、自己啓発本と日常の小技を混ぜたような本。

 

 

著者はこのライフハックを見つけるのに、一体どれほどの時間とお金を費やしてきたのでしょうか。

著者は膨大な時間とお金を使って自分に合うライフハックを見つけてきました。

 

 

その一端を1500円払って教えてもらっていると考えると安いものですね。

250個のライフハックが載っていますが、1個でも自分に合うものが見つかれば儲けものだと思います。

2個見つけられたなら、1個750円でライフハックを買えることになりますよ。

きっと安い。

そう考えることができたならば「ライフハック大全」は買い!の本でしょう。

共感したライフハック3選

以下、私がライフハック大全で共感を受けたもの、実際にやってみようと思ったものを3個記しておきます。自分が忘れないようにね。

時間の使い方を極端にしろ

この言葉には一番「お!」と思うものがありました。

何かを成したいのならば、目標があるのならば、時間をそのことに集中投下せよ。という意味です。

 

 

「平均的な時間の使い方をしていたら平均的な人生になる」心に響きます。

当たり前のことなんですけどね。

特出したことがしたいのならば時間をかけよう、そう思えました。

ただ、これはライフハックなのか・・・?

 

マグネットシートで空中にモノを置く

棚の側面などにマグネットシートを貼って、床にモノを置くことなく収納を増やすライフハック。

 

「表面は聖域だと思え」

 

床にモノを置くのは好きじゃないんです。だからこそミニマリストに憧れているわけでして、このライフハックは是非とも使わせていただきます。

 

 

1日に10万字をインプット、5000字をアウトプット

私は文章を書くのが苦手です。

苦手を克服することもかねてこうやってブログを書いているわけです。

 

 

著者によると自分の考えを作り出すためには20倍の知識が必要らしいです。

つまり、自分の文を1000文字書きたかったら20000文字のインプットが必要だということ。

 

さらに、クオリティを上げていくためには一日に10万文字をインプット、5000文字をアウトプットしていく必要があるそう。

 

流石にそこまでできるかどうかはわかりませんが、今のままではいつまでたっても文章を書くのが上手にならないということがわかりましたので、もう少し書く量を意識的に増やしていこうかと思います。

 

これも最初のライフハックに通じるところがありますね。

文章をうまく書けるようになりたいのならばインプット、アウトプットに時間を集中投下せよ!ということなんですね。

はい、頑張ります。

 

まとめ

他にもたくさんのライフハックが載っていました。

その中には働き始めたら使ってみたいと思えるライフハックもいくつか。

 

忘れたころにまた読むと新たな発見がありそうな本です。

 

もちろん、250個のライフハックすべてをやることは不可能です。というか、やる必要がない。

 

何か1個でもこれから先の人生で続けていくライフハックを見つけられたならば「ライフハック大全」は大いに役に立った本と言えますね。

 

[amazonjs asin=”B0779KV65Z” locale=”JP” title=”ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250″]