株を始めようと思ったきっかけ。「中華屋アルバイトのけいくんが年収1億円を稼ぐ1日1分投資」 

私は大学を辞めるために株について勉強することにしました。

 

そのきっかけとなったのがこの本。

「中華屋アルバイトのけいくんが年収1億円を稼ぐ 1日1分投資」

[amazonjs asin=”479739305X” locale=”JP” title=”中華屋アルバイトのけいくんが年収1億円を稼ぐ1日1分投資”]

株のトレードの本としては異常なほど可愛いイラストが表紙を飾っている本です。

 

 

内容も異質で、著者がどうして株にはまっていったのか、そんな生き様を描いています。

本の四分の一ほど著者についてのことが書いています。

 

そしてその内容もなかなかに面白い。

金持ちの息子のボンボンかとかと思ったら、次の瞬間には彼女に軟禁されてみたりと、意味不明。

小説のような感じな内容です。

 

 

この本はそんな独特な内容のため、アンチがわいていたり、批評コメントが目立ちます。

たしかにノウハウ本としてはあまりに内容が薄っぺらい。

 

この本だけで、株で稼げるようになる人はいないでしょう。

 

しかし、基本は抑えていると思います。

その基本とは「努力」。

 

 

一見、ギャンブルのような株トレードも分析、理詰めの努力でギャンブルではなくなるんだと気づくことができる本としてはかなり優秀だと思います。

 

まずはこの「1日1分投資」を小説のように楽しみ、そこから努力するのはいいんじゃないかなぁ。

 

ちなみに「1日1分投資」の方法をもっと知りたいのなら「一生モノの株のトリセツ」と言う本がおススメ。

(そもそもこの本が元ネタで「1日1分投資」はパクリ疑惑がある模様)

[amazonjs asin=”4800276063″ locale=”JP” title=”一生モノの株のトリセツ”]

 

 

「一生モノの株のトリセツ」は内容としてかなり濃い。

 

そして難しい。

一発目で「一生モノの株のトリセツ」を読んでいたら挫折していたことでしょう。

 

そういう意味ではまず「1日1分投資」を読んで楽しむのが一番良いのではないか、そう思ってます。

 

 

 

最後にこの株トレード法で私が引かれたポイントを書いておこうかと思います。

 

ポイントは短期的に利益を上げながら1日にかかる時間が短い。

 

月に20万を目標としている私からすれば株の長期投資はあまり眼中にありません。(まぁ、月に少しづつ積み立てはしているのですがね)

かと言ってデイトレーダーのように1日中パソコンに張り付いているわけにもいかないのです。(大学も一応行きますし、ブログ書いたり、タネ銭のためのバイトもあるからですね)

 

そんなポイントから私は現在この株トレードについて勉強、儲けるための方法を確立すべく努力しています。

 

さあ、目指せ!大学を辞めるために。