赤色を身につけるとモテるってホント?書籍「赤を身につけるとなぜもてるのか?」を読んでみた|書評

赤色の物を身につけると「モテる」というのは一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

他にも

  • 赤色を身につけると自信が湧く
  • ステータスが高く見える

などの効果があると言うのも聞いたことがあります。

 

なぜ赤色だけ特別なのか?と疑問に思ったので勉強することにしました。

調べてみるとタイトルから私の疑問に答えてくれそうな本を発見。

「赤を身につけるとなぜもてるのか?」

created by Rinker
¥522 (2019/12/07 07:41:33時点 Amazon調べ-詳細)

今回はこの本について。

 

赤を身につけるとなぜもてるのか?の内容

この本は決して色に関しての内容だけではありません。

赤色がモテるという記述は本の1章分くらいです。

 

本のメインの内容は五感が我々の判断や、行動に与えている力についての本だと思ってください。

温かいものと冷たいもの、人間はどう感じる?

手触りで人の行動は変わる?

と今までの心理学では説明が難しかった現象を様々な実験を通してまとめられています。

それだけではなく、日常生活で五感を駆使して考え方まで変えてしまうコツも書かれていて面白い内容でした。

五感を使ったテクニック

ここからは私が日常生活で使いたいテクニックをまとめたいと思います。

物理的に温かいと、対人関係も暖かくなる

  • デートや商談、交渉の時には相手に温かい飲み物を渡すとよい。
  • 会議、パーティーでは会場を暖かくしておく。

手触りによって感情は変化する

  • 人との物理的接触は信頼感を高めるので触れ合いが大切。
  • 柔らかい物は柔軟な思考を呼び込むので椅子は柔らかいと良いかも。

重さは重要性を変える

物理的な重さは重要性を増すので、履歴書、レポートには重い紙を使う

赤色を使うべき場面、使ってはいけない場面

  • 赤色を見ると頭を使う課題のパフォーマンスが下がるので、テストや教材には赤は使わない。人の指示にも赤は向かない。
  • 赤色を見ると身体的ポテンシャルは高まるので、スポーツでは赤いウェアがおすすめ(赤色を着ると自信も生まれる)

赤色を身につけるとモテる

  • 女性は赤色を身につけている男性を魅力的でセクシーだと感じるのでデート、合コンでは赤色を
  • 男性は赤を身につけると支配性を連想させることができるので、社交や商談では赤を身につけると効果的

人間にとって明るさは重要

  • 白や明るさは好ましさ、黒と暗は悪さと身についているので、相手から好印象を持たれたいときは白い服を着る
  • 暗い場所では人の暗い衝動を引き出しやすくするので、オフィスは明るく
  • 明るい光を浴びると気分が良くなるので、気持ちが沈んだら外に出て太陽の光を浴びる

距離をコントロールして有利に立つ

  • パーソナルスペースが侵されると自らの個性を主張しやすくなるので、多様でユニークな意見が欲しいときは狭い場所に詰めて座って会議する
  • 空間的な距離の近さは心理的距離も近くなるので、仲良くなりたい人とは対面でのコミュニーケーションを

高さをコントロールして有利に立つ

  • 高さは強さと好ましさを生むのでビジネスや社交の場では相手より高い椅子に座り、強いポーズを取る。

清潔さは心にも効く

  • 清潔さと道徳性は関連づくので、過去の経験の影響を薄めて冷静な判断をしたいときは手を洗う

味覚と嗅覚で感情をコントロール

  • 甘いものが好きな人は感じが良いと見なされるので、デートや商談時には相手に好印象を持たれるために甘いものを食べる
  • ラベンダーの香りは客の滞在時間を増やし、財布のヒモを緩めさせる
  • ペパーミントの香りは知的パフォーマンス、運動パフォーマンス共に向上させる
  • ゼラニウムエッセンシャルの香りは人が関わり合おうとする感情をよびこむ

閃きは五感で作れる

  • 過去の嫌な記憶は紙に書き出し、封筒に入れてしまうと和らぐ
  • 創造的になるためには創造的思考に関する比喩を実際にやってみる(部屋を歩き回ったり、2つのものを合体させたり)
  • 創造性のシンボルになっている物ををみると創造性が高まる(電球など)

人生を有利に運べ!

本ではそれぞれのテクニックの根拠が詳しく書かれています。

人生を有利にする攻略本「赤を身につけるとなぜもてるのか?」。なかなか興味深い本でした。

created by Rinker
¥522 (2019/12/07 07:41:34時点 Amazon調べ-詳細)