大学にヘイトが溜まる話。土曜潰して何がしたい? 

愚痴です。

大学の長い春休みも終盤。

ついに履修登録の時期がやってきました。

 

いつも通りPCの前で履修登録をしていたわけですが、問題発生。

は?選択必修が土曜にあるんですけど。

選択必修と言っても、単位数のことを考えるとほぼ必修みたいなものです。

 

 

私は朝から発狂しましたね。

なんで土曜までこの憎たらしい大学に来なければならないのだ。

おかげで今期は休みが金曜と日曜。

飛び飛びの休みの意味もわからないですし、授業を詰め込んで週3日を休みにできないのも本当に意味不明。

 

 

私は大学に時間を費やすわけにはいかないのだ。

空き時間はブログ投稿と株の勉強と資金作りのバイトをせにゃあかんのだ。

大学よ、そんないろんな可能性に満ちた土曜を潰して何が楽しい?

朝っぱらから私の頭の中はイライラフィーバーモードでした。

 

 

嘆いていても仕方がないので、土曜日に学校があることのメリットを絞り出しましょうか。

 

規則的な生活を送れる?

朝っぱらから大学があるもので、規則的な生活を送ることができます。

本来ならば、割の良い深夜にバイトをするはずだったのに予定が狂いましたよ。(結局愚痴という)

 

 

大学の授業を分散できる。

授業分散により、1日の負担が減り、授業以外のことも手を付けられる日が増えました。

 

 

大学をもっと辞めたくなった。

これが一番のメリットでしょう。

この一件でますます大学を辞めたいという意思が固まりました。

がんばれ、私。