ヒューマネージ社テストセンターを受けに歌舞伎座テストセンター行ってきた|テストセンターの内容、感想について

就活シーズン真っ盛りですね。

就活といえば!

「適性検査」

  • 仕事に対する適性はあるのか?
  • 能力に問題は無いのか?

を調べる就活生にとって避けては通れぬ道です。

 

適性検査といえばSPIが有名ですが、最近では様々な適性検査があります。

その中の一つ「ヒューマネージ社のテストセンター」を受けたので、内容や感想を素直に記しておきたいと思います。

 

ヒューマネージ社のテストセンターとは?

SPIほどの認知度はありませんが、少しずつ取り入れる企業が増えてきたとされるパソコンを使うタイプの適性検査です。

主な流れとしては、

  1. 会場予約
  2. 自宅のPCで性格判定
  3. 会場にて適性検査

この三段階になっています。

会場予約

おそらく、エントリーシートなどを提出した時点で、企業側から「テストセンターを受けてください」という指示があるはずです。

その指示に従い、会員登録をして会場予約をしましょう。

就活シーズンでは予約でいっぱいになることがあるそうなのでお早めに。

自宅のPCで性格判定

自宅のPCで性格判定を受けます。

時間にして30分ほど。

会場試験を受ける前に性格判定を受けないと無効になってしまうので注意が必要です。忘れないうちに受けましょう。

会場にて適性検査

予約した日時にテストセンター会場に向かいます。試験開始の15分前には到着するように指定されます。

実際の試験は30分ほどで終わります。

 

時間にすると短いのですが、自宅での性格判定、テストセンター会場にわざわざ行かなくてはならない点が就活生としてメンドくさい点と言えるでしょう。

テストセンターのQ&A

ここからは私がテストセンターに行く前に疑問だった点をQ&A形式でお答えします。

Q.当日の服装、持ち物は?

A.服装に規定はありません。私服で問題はありませんが、心配な方はスーツでどうぞ。

私は私服で行きました。

持ち物は顔写真のついた身分証のみ。筆記具等も必要ありません。

Q.当日の流れは?

A.まずは受付をします。名前を伝え、身分証を渡しました。

ロッカーの鍵を渡され、その中に身分証以外の物をいれます。(ケータイ、腕時計等)

受付でログインIDが書かれた用紙、白紙(計算用紙)、ボールペンを受け取り、試験会場へ。

指定されたPCにて試験開始。という流れでした。

Q.試験はどんな内容?

A.問題は全て選択式です。

国語:文章を読まされ、筆者が言いたいことが何かを選ばせる問題。

数学:四則計算。複雑なものが多いですが、紙とボールペンで途中式を書けるので暗算能力でとく必要はありません。(暗算が出来ることに越したことはありませんが)

グラフ:グラフの読み取り&計算(割合等)

 

SPIなどの適性検査とは形式はかなり異なります。問題集などで対策をするにしても専用の問題集が必要になるでしょう。

調べてみると「webテスト完全突破法」が良さそうですね。

Q.難しかった?

A.私はアホなので参考にならないと思いますが。

国語問題は常識の範囲内でしたが、数学は全く解き終わりませんでした。

数学を全て終わらせるためには卓越した暗算能力が必要でしょう。

とにかく、一度問題集で問題を確認しておくか否かで正答率は大きく差がつきそうです。

Q.歌舞伎座テストセンターってどこ?

A.私が実際にテストセンターを受けた場所は歌舞伎座テストセンターという場所。

東銀座から歩いて1分です。

歌舞伎座タワーの五階で、一見テストセンターなどなさそう。

そもそも歌舞伎座タワーの五階は「屋上庭園」と案内がありますが、安心してください。そこにテストセンターがあります。

溶け込むような形でテストセンター。私も最初は気づきませんでした。

歌舞伎座タワーのテストセンター

SPIとは別の対策を!

以上、ヒューマネージ社のテストセンターの概要でした。

SPIとは一味違った適性検査。

対策をして、滑らないように臨みましょう!