CワードをMacで使う方法を3つ紹介|一番オススメな方法は??

ブラックハットの必須ツール「Cワード」をご存知でしょうか。

私も2021年現在でも通用すると言うことで、購入してみました。

 

しかし、Cワードには一つの弱点があります。

それはMacで使うことができないことです!

 

ブロガー、アフィリエイターはMacユーザーが多いので、

困っている方もいるのではないでしょうか。

 

「MacユーザーでもCワードが使いたい!」と考えた私は色々と調べて試してみました。

今回はMacユーザーでもCワードを使うことができる方法を3つご紹介します。

また、最もオススメな方法についても解説しているので、

Cワードを使いたいMacユーザーさんは是非、最後までご覧ください。

 

Cワードとは?

Cワードの画面

まずは簡単にCワードの基礎情報を。

Cワードの正式名称は「共起語文章作成ソフト@Cワード」。

Cワードを使うと特定のキーワードの文章を自動で吐き出すことができます。

 

中古ドメインを選定して良質なドメインを集める、

いわゆる「ブラックハット」と呼ばれる手法では大量の文章を作成する必要があります。

全て手作業でやると、いくら時間があっても足りないのでCワードは必須ツールと言われています。

→Cワード公式サイト

 

かえるくん
ブラックハットにガチで取り組んでいる人は、
ほぼ100%持っているツールだよ。

 

Cワードの効果的な使い方

Cワードの効果的な使い方は、なにわさん著の「商標サイトで月100万稼ぐ方法」がメチャクチャ参考になります。

正直、教えたくないレベルの良書。

ブラックハットに興味があるかたは是非とも目を通してみると良いと思います。

 

MacでCワードを使う3つの方法

CワードはWindows専用ソフトでMacでは使うことができない弱点があります。

しかし、諦めるのはまだ早いです!

裏技を駆使すれば、MacユーザーでもCワードを使うことができます。

 

MacユーザーがCワードを使う方法は主に3つ。

  • 仮想化ソフトウェアを使う
  • VPSのWindowsを使う
  • 別途WindowsPCを用意する

それぞれを解説していきます。

 

仮想化ソフトウェアを使う

Macで仮想化ソフトウェアを使うことで、

WindowsのOSを動かし、Cワードを使う方法です。

Macの中に、もう一つWindowsパソコンを持たせるイメージです。

 

仮想化ソフトウェアは

  • VirtulBox
  • Parallels
  • Fusion

などが有名なソフトになります。

 

仮想化ソフトウェア

メリット
・Macの性能を最大限引き出しながらWindowsが使える
・3Dゲームなどのソフトにも対応

デメリット
・設定、運用にある程度知識が必要
・WindowsOSを買わなくてはならず、初期費用が高い
・仮想化ソフトウェア自体も費用が発生する場合がある

 

VPSのWindows機能を使う

VPSを使ってMacでCワードを使う

VPSを通じて外部の仮想WindowsPCを動かして、Cワードを使う方法です。

これだけ聞くと難しそうですが、実はかなり簡単。

初心者でも一発でWindows環境を整えることができるので、オススメな方法になります。

 

VPSのWindows機能を使う

メリット
・設定が簡単
・PCのお引っ越しが簡単
・別PCからもWindowsが動かせる
・初期費用が安い

デメリット
・月々の支払いが発生する
・ハイスペックPCを使いたい場合は高額になる場合がある
・遅延が発生する場合がある

 

別途WindowsPCを用意する

MacでWindowsを動かすのは諦めて、別にWindowsPCを用意する手もあります。

Cワードは軽いソフトなので、5年前くらいのPCでも問題なく動きます。

押入れから引っ張り出してくるのもよし、中古で激安PCを適当に買ってくるのもよし。

 

別途WindowsPCを用意する

メリット
・特別な技術が必要ない
・家にあるPCを使えば0円

デメリット
・データのやりとりがめんどくさい
・PCの2台管理がシンプルに面倒

 

CワードをMacで使うベストな方法

CワードをMacで使うオススメな方法はVPSを使う方法です。

私は「さくらのVPS for windows」というサービスを利用しています。

少しマイナーなサービスですが、マジでオススメです。

 

さくらのVPS for windowsとは

さくらのVPS for windows server

「さくらのVPS for Windows Server」はVPS機能にWindowsのOSを用意しているサービスになります。

つまり、インターネットを通じて、外部のWindowsパソコンを擬似的に使うことができるのです!

 

ゴミスペックPCでもプランによっては、ハイスペックなPCを使うことができるこのサービス。

「さくらのVPS for Windows Server」は最高スペック仮想10コアのPCを動かすことができます。

 

Cワードは軽いソフトなので、一番安いプランでも問題なく動作します。

一番安いプランなら月1000円ほどで利用することができます。

自分でWindowsOSを用意する必要もないので、初期費用もかからず非常にお手軽です。

 

Macのお引っ越しも簡単

「さくらのVPS for Windows Server」ならMacのお引っ越しも簡単です。

Macユーザーは新モデルが発売されるたびに、Macを替えたい人も多いですよね。

そんな人でも、VPSなら引っ越しは爆速で完了します。

出先でも使うことができるので、何かと重宝しますよ!

 

必須ツール「GRC」との相性も抜群!

GRC

「さくらのVPS for Windows Server」はアフィリエイター必須ソフトである「GRC」との相性も抜群です。

「GRC」は記事の順位を正確に記録してくれるツールで、ブロガーやアフィリエイターは絶対に使っています。

→「GRC」公式サイト

 

GRCは毎日決まった時間に順位を検索してくれますが、常にPCの電源をONにしておく必要があります。

これって、結構めんどくさい。

電気代もかかりますし、単純に稼働時間が長くなるため、PCの故障率も上がります。

 

そこで、オススメなのが「さくらのVPS for Windows Server」。

外部の仮想PCなので、365日24時間、常時稼働させることができます。

PCが壊れることもありませんし、電気代もかかりません。

毎日、確実に順位を検索してくれるので、作業効率も大幅UPしてくれるでしょう!

 

まとめ:MacでCワードを使うにはVPS!

以上、Macで「Cワード」を使うためのオススメの方法のご紹介でした。

要点をまとめると

・MacでCワードを使うには「さくらのVPS」がオススメ

・「さくらのVPS」なら初期費用がかからない!

・順位検索ツール「GRC」との相性も抜群!

Cワードを使いたいMacユーザーさんは是非とも参考にしてください!

 

ちなみに今回紹介した「さくらのVPS for Windows Server」は今なら2週間無料でお試しができます。

是非とも一度使ってみて便利さを実感して欲しいと思います。ではでは!

 

↓「さくらのVPS for Windows Server」をもっと詳しく!

評判と口コミ:「さくらのVPS for Windows Server」の評判と口コミ|選ぶべき理由

価格について:【さくらのVPS for Windows Server】の料金が激安だった件