モノトーンばかりのミニマリストが春っぽいコーディネートにする方法|キャップをうまく使って簡単に春っぽく!

どうも、ミニマリストのセミです。

いよいよ2019年も春が近づいていてきましたね。

少しずつ暖かくなり、冬服では季節外れ感が出てきました。

 

さて、春ですし春っぽい服装でも作ろうか、と思ったのですがワードローブは「モノトーンばっかり」。ミニマリストあるあるだと思います。

 

物を減らすことを考えると着回しのしやすいモノトーンばかりの服を買ってしまうものです。

物を極力増やさないで春っぽい服装は作れないだろうか…?

 

私のオススメは春用キャップを買うことです。

頭の上というのは非常に目立つポイントです。ここに春っぽい帽子を持ってくると簡単に春らしさを演出することができます。

春にオススメは明るい色のキャップ

私は明るい色のキャップがオススメです。理由とともにご紹介していきますね!

なぜキャップ?

キャップはもともと「日よけ」ですよね。

ニット帽などと違い、スポーティーで軽い印象があるので春夏のイメージが簡単に作ることができます。

明るい色

春と言ったら明るい色なのは何となくイメージがつくと思います。

冬は黒っぽい服装が多くなるものです。ここで明るい色のアイテムを使うとグッと春っぽさが増します。

キャップ似合わないし…

キャップをオススメすると「似合わないから…」という人がいますが、キャップにも色々な形があります。

キャップに抵抗がある人は浅めのものを買うと違和感が少なく着用できます。

ベースボールキャップのような頭を大きく覆ってしまうものだと、どうしても顔に対してキャップの面積が大きくなってしまい違和感を感じてしまいます。

ニューハッタンのキャップがオススメ!

個人的にオススメなのはニューハッタンのキャップです。

私も以前から愛用しているキャップ。

安いのに質が良く、シンプル。ミニマリストにもピッタリな帽子といえます。

ツイルキャップが違和感少ない

その中でも「コットンツイルキャップ」というモデルが使いやすい。

浅めのかぶり心地で違和感が少ないです。

 

色も豊富なのでお好みのものをどうぞ。

違和感が気になる人は、カーキ、グレー、ナチュラルなどを選べば大きな失敗は防げると思います。

 

ただ、帽子の服装をモノトーンでまとめれば似合わない色なんてありません。

アクアやライトピンクなどで”はずしコーデ”を楽しむのも良いと思います。

モノトーン+明るいキャップ

実際に着用してみるとこんな感じ。

ミニマリストは春にはキャップを乗せて春っぽさを出そう

頭にはナチュラルカラーのキャップを配置。

キャップ以外はモノトーンなのに、春っぽさが出ていると思います。

キャップ:ニューハッタン

セットアップ:ソーシャルウェア

インナー:ユニクロU

靴:リーボック(詳しい記事

 

以上、モノトーンでも春っぽく見せるテクニックでした。

簡単に安価で挑戦できるので是非!