ユニクロをバカにしているやつにオシャレな人はいない説

知り合いと服の話をしていた時のこと

 

バカにしたように言ってきやがります。

なぜだ・・・。

 

ユニクロと聞いた途端に手のひらを返すように冷たい視線を浴びせてくるアイツは一体なんなのか。

そもそもその知り合いの服はダサい

口には出しませんが正直ダサいのです。

安っぽい装飾がついたジーンズに、汚ったない革靴、謎のプリントのついたパーカー。

 

おいおい。

その格好でよくユニクロをバカにできるな。

いや。わかりませんよ。もしかしたら謎のプリントパーカーが物凄く高価なのかもしれません。

ユニクロの服が何着も買えるほど、あのジーンズが高いのかもしれません。

それでも私は宣言しましょう。

君の服装よりも全身ユニクロの方がよっぽどマシだよ、と。

 

 

そういう輩は「ユニクロ」というブランドが嫌なのでしょう。

みんな着ていそうなユニクロが嫌なのでしょう。

しかし、中途半端なブランドの服を買うよりもユニクロのほうがイイなんて事はよくあります。

 

 

むしろオシャレな人ほどユニクロを使いこなしている人が多い気がします。

それもそのはず、メンズファッションにおいては奇抜なモノは難しい。

一歩間違えればそれこそダサい人になりかねません。

となると、メンズファッションはより堅実なモノを求めるのです。

ベーシックで質が良いものを。

 

 

そう考えるとユニクロはメンズファッションにピッタリなのかもしれませんね。

原価率が高い(質が良い)

ベーシックなデザイン

 

もうユニクロを使わないと勿体ない気がします。

 

もちろん全身ユニクロにしろ!なんてことは言っていませんよ。

大切なのは使い分けですよね。そしてバランス。

 

その考えがないからユニクロ=ダサいという人が現れるのでしょう。

 

とくに男は多いなぁ。

ユニクロはプライドが許さないのか、ユニクロよりもちょっと高くて、ユニクロよりも質の悪い服を着ている男が多い。

 

その点、女性はユニクロなどのファストファッションをうまく利用していますよね。

ジェンダーレスファッションが流行っていることもあり、ユニクロは意外と食いつきが良かったり(笑)

 

ユニクロ=ダサいという固定概念、そろそろ卒業してほしいものです。