テレビを捨てて快適生活。(ミニマリストへの一歩)

なぜか時間がない・・・。原因はテレビかも。

時間がない、時間がないと言う人はいますが、原因って何でしょう。

おススメなのは一度一日の行動記録を取ってみることです。

無駄な時間が浮き彫りになるかも。

時間泥棒の筆頭選手としてテレビがあると思います。

私は大学生になり、引っ越しをする際にテレビを買いませんでした。

テレビのない生活をして早2年。

今日はそんなテレビなし生活をして良かったこと、困ったことをまとめてみたいと思います。

テレビがなくて良かったこと

これは自由な時間が増える。これに尽きるのではないでしょうか。

ご飯をだらだらと食べることもないですし、テレビのせいでだらだら起きてることもありません。

他人がテレビを見ている時間で本を読んだり、趣味に没頭したりと有意義に使えています。

一昔前ではテレビは生活の必需品であったのだと思います。

それが、テレビなしでも快適な生活を送れるのにはスマホの普及が大きいとも感じます。

スマホで何でもできる時代ですから。

あと、NHKが来た時に堂々と「テレビなんてない!」と言い、撃退が容易なのも地味にうれしい。

テレビなし生活のデメリット?

テレビがないことで被るデメリットとは何でしょう。

友人と会話ができなくなる?

そんなことはないはずです。

少なくとも私はテレビ番組の話で盛り上がる会話をしたことがありませんし、そんな友達もいません。

頻繁にテレビ番組の話をしている方は問題があるかもしれませんが、人との会話を思い出してみてください。

意外と少なくありませんか?

そう考えるとテレビが無くて特別困ることはありません。

テレビが無くても生きてます

ニュース、天気予報はスマホで見ることができます。

どうしても見たい番組だってスマホで見ることができる時代です。

それでも捨てない理由。

捨てるに至らない理由、これは「何となく心配だから」ではないでしょうか。

私はテレビが無くても全く問題なく生きています。

確かに、捨てるのは億劫ですが得られるメリットも大きいので試してみるのもありだと思います。