新ミニマリスト流健康少食レシピ|1日2食の蕎麦と玄米で健康を取り戻す

ミニマリスト流の少食健康法を考えてみた

私は食事にこだわりがありません。

毎日同じ物を食べろと言われれば食べ続けられます。

それならば健康に良い食事をすべき。なんて言ったってこだわりがないのだから。

健康であることは何よりのコストダウンにつながります。医療費バカになりませんからねぇ…。

 

ミニマリストたるもの、生活のコストを下げることも大切なファクターですから、「健康」をもう少し気を使おうと言う考えに至りました。

 

と言うことで、色々な健康食についての本を読み漁りました。

そして2019年版「ミニマリスト流食事」を考えましたので、参考になると嬉しいです。

少食をキーワードに「1日2食」

まずは食事の方法。

私は基本的に「少食」に則って食事のルールを組み立てます。

以前に1日1食の食事法について書きましたが、あれはちょっとやり過ぎでしたね。(参照:一日一食で体調が良好に|「食べない健康法」を実際にやってみた

バランスを考えると1日2食がベストという結論に至りました。

 

1日1食だと、どうしても摂取栄養が偏る上、「血糖値スパイク」なる血糖値の急上昇も起こりやすくなるので避けるべきですね。

基本的には

  • 朝は食べない
  • 昼は軽く食べる
  • 夜は好きなものを食べる

という1日2食サイクルで食事を行うことにしました。

昼は十割そばを食べよ!

昼には蕎麦を食べることにしました。

蕎麦はいろんな本でも紹介される、数少ない健康食。食べない手はありません。

蕎麦が良い、と言うより「そば粉」が体に良いので、そば粉がふんだんに使われた「十割蕎麦」「二八蕎麦」を食べるようにしましょう。

 

体を温める効果がある七味唐辛子をたっぷりとかけ、美味しいめんつゆで頂きましょう。

夜は玄米を食べるべし!

夜は基本的に玄米を食べることにしました。

玄米+おかず。

おかずは野菜と魚をできるだけ食べるようにしましょう。

(詳しいレシピは後日ブログにて報告する予定。色々考えます。)

 

手間いらず、道具いらずのレシピが鍵

ミニマリストなので、できるだけ調理に手間がかからない&道具が必要ないレシピを考案しなくてはなりませんね。

そもそも、私はキッチン用品が電子レンジと炊飯器だけです。前途多難だ…。

とりあえず、蕎麦を茹でるためにIHと鍋は購入予定。

 

いかに必要な道具を削り、健康的な食事を出来るようにするかが鍵ですね。

参考文献:ミニマリストは一読をオススメ

ちなみに私が大いに参考にした本が下の2冊。どちらもミニマリストにとって非常にためになる本だと思います。

 

少食についてのメリット、少食の仕方が学べる本です。(詳細レビューはコチラ

本当に体に良い食べ物が学べる本です。(詳細レビューはコチラ