スト4から考える「PP3000論」|できることを増やそう

「ストリートファイター」

聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ストリートファイターはいわゆる格ゲー、格闘ゲームの人気タイトルです。

 

私も一時期このゲームに熱くなった時期がありまして、毎日のように友人と対戦、考察、対戦…を繰り返していました。

特に熱中していたのがストリートファイター4、通称スト4.

勉強は大嫌いな私でしたが、スト4には時間を費やし日々努力を重ねていました。

 

 

スト4とはどんなゲームなのか、簡単にご説明しましょう。

スト4は「高速じゃんけん」と言われていたり言われていなかったりするゲームです。

 

格闘ゲームですからキャラクターがそれぞれに技を持っています。

技が仮に3つあったとしましょう。

技1、技2、技3。

技1は技2に強く、技2は技3に強く、技3は技1に強いといった関係になります。

つまりじゃんけんです。

 

 

しかし、ただのじゃんけんでは面白くないので、それぞれのグー、チョキ、パーには特徴があるのです。

 

例えば、グーはチョキに絶対に勝てるんだけど、出すのが難しい(リスクがある)とか、

パーは裏技を使えばチョキにも勝てるとか、

そんな具合にそれぞれのキャラクターによってグー、チョキ、パーに特徴があったりするのがスト4です。

(中にはこのキャラクターのグーが強すぎる!チョキにもパーにも勝てるんだけど!みたいな理不尽もあったりします(笑))

 

さらにその判断を高速でやっていかなくてはならないので「高速じゃんけん」なんて呼ばれているわけなんです。

私はこの表現が妙にしっくりきて好きなんです。

 

 

さて、ここからが本題。

スト4にはPPと呼ばれるレートがあります。

相手との対戦で勝てば上がるし、負ければ下がる数字です。

 

つまりPPはその人の強さを表しています。

 

 

ある程度基準がありましてざっくりと説明すると

0~999が超初心者

1000~1999が初心者

2000~2999が中級者

3000~3999が上級者

4000~4999がプロ

5000~6000がトッププロ

 

こんな感じでしょうか。もちろん異論は認めます !

 

 

ちなみに私のPPは3000ちょっと。

上の考えでは一応上級者ですね。

まあ!ガバガバなんですけどね!

 

しかし、PP3000って丁度いいんですよ。

初心者にはまず負けないですし、調子がいいときはプロといい勝負もできます。

トッププロの試合も分析しながら観戦できますし、自分なりのゲームに対する考え、考察ができるレベルです。

 

それでいてPP3000にするのはそこまで難しくない。

熱心にやれば100時間から300時間くらいでたどり着けるレベルです。

コスパがイイんです、かけた時間に対する見返りがイイ。

 

私はスト4をやって本当に良かったと感じています。(ゲームだけどね)

それはPP3000の感覚を身に付けられたから。

 

私は何かの物事を新しく始めるとき、このPP3000を目指します。

趣味、勉強、仕事・・・。なんでもPP3000を目指します。

 

基礎を一通りマスターして、自分なりの考えが持てるPP3000まで頑張るようにしています。

 

そしていざPP3000になったら、ハマればそれ以上を目指し、飽きたならば新たなことでPP3000を目指します。

 

このPP3000を目指すことを勝手に「PP3000論」なんてカッコつけて自分の中で呼んだりしてるんです(笑)

 

「PP3000論」のいいところは、幅広い知識が身につくという点。

そしてアウトプットできるレベルであるという点。

 

何かを始めてもアウトプットもできないのはもったいない。

それならばPP3000の何かを身に着けよう!

つまりそういうこと。どういうことかって?

現段階ではこの程度のことしか言えないですな。

 

ただ、これからもこの記事は更新していこうかと思ってます。

ちゃんとした文章にできなくて申し訳ない。

 

現状私のPP3000

スト4

ダーツ

タイピング

ブログ?

 

 

これから目指すPP3000