無印炊飯器の上をいくミニマリズム炊飯器|ライスクッカーミニ

最近、家の炊飯器の調子が悪い。釜にご飯はくっつくし、炊き上がる前には謎の異音を放つようになりました。使い始めて3年半ですからね。そろそろ限界でしょう。

炊飯器は壊れる前に買っておきたかったのです。というのも、私にとってご飯は最低限のライフライン。米さえあればそれなりに生きていけるものです。(実証済み)

ミニマリストと言えば無印炊飯器

私は現在、ミニマリスト+モノトーン計画の真っ只中。

それ相応の炊飯器を探す必要がありました。条件は主にこの2つでしょう。

  1. モノトーン計画に準じているもの
  2. シンプルな機能

これに当てはまる炊飯器といったらアレしかありません。

そう、無印良品の炊飯器です。

無印良品 しゃもじ置き付き炊飯器・3合

非常にシンプルな機能。それでいて安っぽさを感じさせないミニマルデザインなのですから私の中でも候補筆頭です。

 

実際に無印の店頭へ赴き、炊飯器を手に取り、買う寸前まで行きました。

しかし、頭の中でもう一人の自分が問いかけるのです。

「お前、3合も必要なのか…?無印ブランドに目が眩んでいるだけではないのか…?」

「いやいや、3合より小さい炊飯器なんてなかなか無いだろう。それに、無印を超えるデザインはそうそう無いぞ。」

「いや、一度ちゃんと探しなよ。ほら、ビックカメラへダッシュ。」

ライスクッカーミニが最高の炊飯器だった

私は無印を超える炊飯器なんて無い。と決めつけていたのですが。探せばあるものです。

ビックカメラで奇跡的な出会いを果たした一つのミニマル炊飯器。

それが、「コイズミ ライスクッカーミニ」です。私はこの炊飯器を見た瞬間に一目惚れ。

即決しました。

せっかくなのでライスクッカーミニについて少し語りましょうか。

最高1.5合しか炊けないミニサイズ炊飯器。

ライスクッカーミニは1.5合までしか炊けません。そのおけげもあり、非常にコンパクト。

おままごとに使われるようなサイズ感です。

コイズミライスクッカーミニ大きさ比較
左:3合炊き炊飯器 右:ライスクッカーミニ

この手のミニ炊飯器は、どうしてもチープさが出てしまうもの。しかし、ライスクッカーミニはそのチープさを見事に払拭しています。

マットな質感で、プラスチックには安っぽいテカリがありませんし、余計な装飾を施しておらずミニマルデザイン。完璧です。

コイズミライスクッカーミニ正面から見た

イメージは無印の炊飯器をそのまま小さくしました!といった感じ。無印にも引けを取っていませんよ。

機能は必要最低限

機能は最低限です。炊飯。保温。以上。

炊飯は一応予約機能があります。大雑把に何時間後に炊飯!といった程度のおまけの機能だと思ってください。

保温も一応ついていますが、炊飯1時間後には勝手に保温機能は切れます。(正直謎です)

その後手動で保温することができますが、あまり保温の使い勝手は良くないでしょう。

肝心の炊飯機能について

いくらシンプルで素敵な炊飯器でも、米がうまく炊けないようでは意味がありません。

ということで早速炊いてみました。

ライスクッカーミニご飯炊きたて

1合炊いてみましたが、早い。ものの30分弱で食べることができました。

肝心のお味は、「可もなく不可もなく」ですね。

流石に高い炊飯器に勝てるようなものではありませんが、こだわりがない人には問題ないかと。ちょっとだけ固めに炊けました。水の量は適宜調節する必要がありそうです。

個人的には十分満足でした。

ライスクッカーミニに向いている人

どんな人にライスクッカーミニは向いているのか。

まずは前提として一人暮らしであること。流石に2人暮らしで1.5合炊飯は厳しいのではないでしょうか。

そして、米を食べるたびに炊く人ですかね。

保温機能が弱い&一度にたくさんに量の米を炊けないことから、米を食べるたびに一回一回炊く人には間違いなくお勧めできます。

私は炊きたてのご飯が好きなので、ご飯は一回ずつ炊きます。大きな炊飯器だと洗うのも大変ですからね。ライスクッカーミニには非常に満足しています。

 

この条件に当てはまらない人は素直に無印の炊飯器を買いましょうね。

一人暮らしミニマリストはライスクッカーミニで

個人的には大満足の炊飯器を見つけることができました。無印炊飯器よりも安上がりで済んだのも嬉しい。

しゃもじ置きが無いので、近々自立するしゃもじが欲しいですね。

こんなやつ。

以上。一人暮らしミニマリストの炊飯器事情でした。

追記:ご飯を試しに2合炊いてみました。
推奨はできませんが、ギリギリですが2合までなら炊けます。ご参考にどうぞ。