ユニクロパーカーの紐を交換!流行色を取り入れて脱地味|簡単にユニバレ回避だ!

ユニクロの素晴らしさは再三にわたって語っていますが、その中でも根強い人気を誇るのが「スウェットパーカー」。

ユニクロのグレーパーカーはずっと愛用しているのですが、全身を黒でまとめてコーディネートをしたかったので、黒色パーカーを買ってきました。

 

今回はユニクロのパーカーが優れている点、そしてユニバレ回避法についてお話しします。

ユニクロパーカーは恐ろしいコスパ

ユニクロの黒色パーカーは最強のコスパ

愛用者も多いユニクロパーカー。

肉厚で安っぽくない生地、それでいてシンプルなデザイン。

大人が来ていても違和感のないパーカーって意外とないものです。

 

パーカーと言えば「チャンピオン」が有名ですが、あれって少し高いのよ…。

確かにチャンピオンパーカーは優れた服ではあるのですが、チャンピオンの小さなロゴ1つに6000円も払えるのかという話。

それに比べ、ユニクロのパーカーはとにかく安い。

3000円でチャンピオンにも負けない上等なパーカーが買えてしまうのですから恐ろしいものです。

 

普通3000円のパーカーと言えばペラペラな生地で洗濯をしていくと、くたびれていきます。

一方のユニクロパーカーは肉厚な生地を使用していて長く愛用することができます。

 

ユニクロパーカーの弱点

ユニクロパーカーの弱点と言えば、人とかぶるという点。

シンプルなデザインでユニバレは比較的しにくいパーカーですが、実際にユニクロパーカーを持っている人からすると結構バレます。

 

着こなし次第でいくらで弱点は補うことができますが、人と一瞬で差別化できる方法があります。

それこそが「パーカーの紐を変える」という方法です。

パーカーの紐を自分で用意して交換する。これだけで簡単にユニクロっぽくないパーカーが完成します。

 

2019年はネオンカラーを差し込んで

では何色の紐に入れ替えるか?

ここは流行色を取り入れるのが賢い。

私も崇拝するファッションブロガーMBさんによると2019年のトレンドは「ネオンカラー」

蛍光色の黄色、緑などを取り入れると簡単にトレンドライクなパーカーに早変わり。

ちなみに、ユニクロの紐を入れ替えると言うのもMBさんのメルマガから拝借した作戦です。

(参照:MBファッションメルマガをレビュー|半年購読してみた

 

パーカー紐は何を買う?

紐は手芸屋さんでも、ネットでも簡単に手に入れられます。

ちなみに私は幅9mmの蛍光イエローを購入しました。

メートル単位で買うことができたので1mを購入。通常のパーカーなら1mで足りるかと。

メール便を使い送料込みで300円くらいでした。

 

パーカーの紐を交換してみた

さて、早速この紐をユニクロのパーカーに入れてみましょう!

9mm幅の紐は思った以上に太め。入れるのに時間がかかりました。7mm幅の方が良いかもしれません。

入れ替えるとこんな感じ。

ユニクロパーカーの紐をネオンカラーに交換してみた

無地の黒パーカーが一気に流行をおさえたパーカーに早変わり。

写真は色味が伝わりにくいですが、非常に綺麗なネオンイエローです。

 

オールブラックコーデもトレンドライクに

最近のマイブームは

  • ユニクロパーカー
  • 黒のスウェットパンツ
  • 黒のチェスターコート

を合わせたオールブラックコーデがお気に入りです。

 

普通なら全身黒ずくめの「名探偵コナンの犯人」みたいな怪しげな人になるはずが、ネオンカラーの紐のおかげで地味にならずイイ感じ。

ネオンカラーはかなり目立つので、他のアイテムの色味を抑えてあげると自然に馴染みます。

 

紐の先はアグレットを用意すると完璧

今回私は紐の先をぐるっと結びましたが、紐が太いせいもあって結び目が結構目立ちます。

ユニクロパーカーの紐先を結び目で固定

こだわる人は紐の先に専用の金具をつけると完成度MAXのオリジナルパーカーが完成するでしょう。

安くてトレンドライクの最強パーカー完成!

以上、ユニクロパーカーをユニバレさせず、トレンドライクなパーカーにする方法でした!

簡単にできる上、格安で試すことができるので是非是非お試しください。

 

ユニクロは安く誰でも持っているアイテム。

こういった工夫を施すと安く、周りと違ったファッションを楽しめるので良いですね。