ジェネリック家具「ReHome」のシェルチェアを買ってみた。 おすすめできるイームズチェア。

椅子が必要だが、オフィスにはしたくない!

椅子の必要性をしみじみと感じた私。

(参考:ミニマリストの目的を忘れないで!机と椅子は必要でした。

 

どんな椅子を買おうか散々悩みました。

最初はPC作業に便利なオフィスチェアを買おうかと考えていました。

しかし、それはあまりに味気ない。

物が少ない私としてはオフィスチェアを部屋に置こうものならば部屋がオフィスになってしまいますわ。

 

 

イームズのシェルチェアしかないでしょ!

座り心地がよく、なおかつデザイン性も良い椅子…。

もう、イームズのシェルチェアしかないなと思ったらわけです。

よーし!奮発して買うぞ!と思ったものの公式サイトを覗いて断念。

やっぱり高いよ!

一般大学生がイームズ持ってたら怖いって。

 

 

ジェネリック家具と言う選択肢

そこで考えるのがジェネリック家具というもの。

意匠権が切れたデザイン家具をパクって商品化したものです。

「最初はジェネリック家具なんか買わないよ。」とお高くとまっていたのですが、考えが変わりました。

 

私が欲しいシェルチェアはそもそも「プラスチックを使って誰にでも気軽に使えるように」とイームズさんが考えて生み出したもの。

そんなシェルチェアを5万で売っているハーマンミラーよ。イームズさんは果たしてシェルチェアーを5万で売り出したかったのか?

 

イームズさんの本当の思いを大切にしたい!と考えたのですね。(正規品は高すぎて買えないと言うのが本当の理由なのは内緒)

 

 

ReHomeのシェルチェアを買ってみました。

さて、ジェネリックシェルチェアを買うことにした私。

しかし、種類が豊富すぎる。

流石は世界一有名な椅子。

どこもかしこもパクってます。

あのニトリですらシェルチェアっぽい物をリリース。

こうなるとどこのシェルチェアがよいのやら。

体重を預けるものですし、毎日使うものなので粗悪なものは避けたい。

 

そんな思いで探した結果、ReHome(リフォーム)というメーカーのシェルチェアを買うことにしました。

 

↓これですね。

 

 

 

デザインはこんな感じでした。

 

 

 

リフォームのシェルチェアが優れている点を列挙してみようと思います。

 

 

デザインが豊富

組み合わせが選べるのがすごい。

脚と座面が自由に選べます。

私は最もベーシックな座面はホワイト、脚はエッフェルベースにしましたが、その他のデザインも手が込んでますね。

 

 

丈夫な座面

座面のプラスチックが厚めに作られていて座って背中をつけても安定します。

他のメーカーのリプロダクト品のシェルチェアに座ったことがありますが、それよりもずっと安定していました。

 

 

クオリティの割に安い

このクオリティで5000円は安い。

(と言っても本物は一度しか座ったことがありませんが)

安さを求めるならば3000円程度のシェルチェアもありますが、リホームのシェチェアはオススメできますね。

保証期間が3年というのも自信の表れなのかなぁなんて思ってます。

 

ReHomeのシェルチェア、おすすめです。

座りやすく、リーズナブル、そしてオシャレ。

シェルチェアを置くと部屋がグッと洗練された様に感じて非常に気に入っています。

IKEAのダイニングテーブルと合わせてこんな感じ。

なかなか素敵ではないでしょうか?

 

ReHomeのシェルチェア、おススメです。