これは画期的でしょ。ニトリのコンパクトに丸めることができる「クルクルアイロンマット」

中々捨てられない家電「アイロン」

ミニマリストはとにかく家電を捨てたがります。

私も最近、冷蔵庫を捨ててしまいたい。

冷蔵庫邪魔だぁ。

 

 

そんな捨て教の私もなかなか捨てられない家電があります。

それが「アイロン」。白シャツを愛している私はアイロンは捨てることができない。

 

そうですね、家電の捨てられないランキングを書きましょうか。

1位 スマホ

2位 PC

3位 洗濯機

4位 アイロン

5位 電子レンジ

 

なんと、5位の電子レンジを抑えて4位にランクイン!

代用が利かないんですよね、アイロンは。

 

さて、そんなアイロンのお供アイロン台についての話です。

え、地味だって?そんなの分かってるよ!

 

ニトリのアイロン台がコンパクトで画期的!

アイロン台って邪魔です。

大きくて場所取るし、重いし・・・。

 

そんなアイロン台の常識を覆すものを発見しました。

それがニトリの丸めて収納できるアイロン台です。

商品名は「クルクルアイロンマット」。すがすがしいほどのネーミングセンスです。

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ProductDisplay?ptr=item&urlRequestType=Base&catalogId=10001&categoryId=&productId=1245929&errorViewName=ProductDisplayErrorView&urlLangId=&langId=-10&top_category=&parent_category_rn=&storeId=10001

これ、すっごく画期的ではありませんか。

 

発見した瞬間、私は即買い。

帰ってきてすぐに以前のアイロン台をポイーで。

 

掛けて収納できる!

あのアイロン台が丸めてコンパクトに収納できるんですよ。

これはアイデアの勝利です。

しかも、かけて収納できるようになってます。

私の服の掛ける収納との相性も抜群です。

 

 

肝心のアイロンの掛け心地ですが、普通のアイロン台に若干劣るものの問題なく使える!です。

 

滑らないアイロン台

私はダイニングテーブルの上でこのアイロンマットを敷いてアイロンをかけています。

なんて言ったってアイロンマットは厚みがありませんからね。

テーブル必須です。

 

このアイロンマットは裏に滑りにくいスポンジ素材を貼っていて、薄いながらも滑ったりしないのが素晴らしい。ぬかりなし。

 

引っ掛かりがあって若干使いづらい?

アイロンをかけてみると、若干の引っ掛かりが気になりました。

アイロンマットが薄いこともあり、服にアイロンをかけるときに服と一緒にアイロンマットが浮くんですよね。

それで若干の引っ掛かりがあるというわけ。

 

と言っても私はクリーニング屋さんでもないので、そんなに気にしませんがね。

通常の使い方は問題なくできます。

 

アイロン台をアイロンするアイデアよ

丸めて収納する以上、使い初めに少しアイロンマットに巻き癖がついたまま、ということがあります。

そんなときは服をアイロンに掛ける前に、アイロンマットをアイロンでかけましょう。

斬新ですね。これでアイロンマットの巻き癖もマシになります。

 

 

アイロン台は大きくて重いモノという常識を見事に覆してくれた私のヒーローです。

アイロン台が邪魔と感じている人は是非とも手に取っていただきたい。