激安革スリッポン|デデスをレビュー

激安な靴を得意とするデデスの革スリッポン

デデスというブランド

デデスと言うブランドをご存知でしょうか。デデスケンという靴ブランドから派生したセカンドラインのブランドなのです。
特徴としてはとにかく安い。それっぽい靴がとにかく安い。
調べてみると流行りの形、シルエットの靴を取り揃えています。中でもスリッポンタイプの靴が得意なのかな?

デデスの革スリッポンを買ってみた

そんな激安靴ブランド「デデス」ですが、今回はビクビクしながら革のスリッポンを買ってみました。と言っても合皮なんですけどね。

価格は4000円以下。革靴としては非常に安いですね。
安さ故、無駄な買い物になってしまうのか?体当たりレビューです。

 

 

革の質感は悪くない

箱から取り出してみると、合皮特有のゴムのツンとした臭いが。クサイ。
まあ、この臭いは使っているうちに消えるでしょう。

驚いたのはその質感です。


うむ、悪くない。
4000円の価格では上出来です。革特有のシボも再現されており、まるで本物のカーフのよう。至近距離で見られると合皮と判断できますが、そこまで近づかなくては本革にも見えますね。

革の柔らかさも上々です。フニフニとした革質はダンスシューズみたいです。

シルエットが残念

シルエットは正直、悪いです。履きやすいようにか、横幅を広くとっています。幅広な日本人にはありがたいのですが、広くとっただけ。ほかの工夫が見受けられない。
トゥもズドーンと広い。斜め上の真正面から見ると飲食のバイトで使うコックシューズのよう…。これがすごく残念ですね。

横から見るとトゥの反り返りのおかげで重たい印象はなく、スタイリッシュな印象なのに正面の印象が如何せん悪い。

履き心地は非常によし

履き心地はかなり秀逸です。革の柔らかさに、底が薄いのにラバーソールのおかげでクッション性が抜群。靴に無駄な装飾、そして合皮であることが重なって軽やかな歩き心地です。

さらに踵を踏んでスリッパのようにも使えますし、使い勝手はかなり良好でした。

ただ、サイズ選びが難しいですね。私はネットで買ったのですが、ちょっと失敗しました。
サイズは40サイズ(25.5㎝相当)を買ったのですがデカい。普段は25.5㎝でぴったりなんですけどね。
足全体を覆う構造なので脱げることはありませんが、カポカポします。
足に合っていない靴を履くと足汗をかくんですよねぇ。(足がストレスを感じて足汗が良く出るようになってしまう。人の体ってすごいね!(笑))

大きめに作られているので、普段のサイズよりも小さめを選ぶことをお勧めしますよ。

デデスを履いた様子

デデスはどんな人に向いているのか

安くてファッション初心者に向いている靴かと思ったら真逆でしたね。普通に履くだけではシルエットのせいでダサい認定を食らうことにもなりかねません。履き心地、素材が良かっただけに残念。

デデスがおススメできる人はもっさりとしたシルエットをごまかせる着こなしを持っている人でしょうね。そんな着こなしができる人ならば、デデスは強い味方になりそうです。

安くて、カラーバリエーションが豊富なので気分次第、着こなし次第でコーディネートすることができるかと。ホワイトとか、ネイビーとか使ってて楽しそうですね。